遠足も場所によっては危険な場合がある

神様の道案内。
これは俺の親父が小学生四年か5年かそこらの話。
親父の実家の結構近くに道ある神社があった。
梅林が有名で結構格式高い神社らしい親父の行ってた小学校は毎年全校生徒で連続を行うのだがそのえんそくってのは神社を抜けた先にある。
ハイキングコースを登って山頂まで行くというものだった。
引率の教師や他の生徒とともに親父も敷地を抜けてハイキングコースの入り口まで登ったのだが急に腹痛がしたので隣の生徒に現場行ってくると言って神社の入り口側のトイレにまで戻った。
親父にとってくだんのハイキングコースは遊び場みたいなものでよく家族が一人で山登りしていたしもう何年も行っている連続なのでルートを覚えていたから勝手に列を離れたのだとか用を足してすっきりした。
親父は急いで後を追って山を登り始めた同棲30分もしないうちに合流できるだろうと親父はたかをくくっていたのだがなぜか1時間近く残っても合流できない。
それどころか他の登山客や挙句鳥の声すらも聞こえない。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク