芸はしないけど、賢い犬

私の愛犬レックスはドッグレース引退したグレイハウンドです。レースに勝たなくなり3歳でオーナーに殺されるところをドッグレスキューの団体に保護されました。人間不信のレックスは1年間シェルターですごし、ペットとしての犬を探しにきた私と出会いました。我が家に来て2週間ほどは浴室にずっと隠れ、信頼関係を築くのに時間がかかりました。レックスはレース場とケンネルしか知らないので、全てのことに怖がっていました。

掃除機や洗濯機あらゆるものに怯え、ドアのしくみもわからず、階段を登ることもできませんでした。外の世界を知らないので、散歩に連れていくと体全体が震え、1メートルも歩けない状態でしたが、少しずつ歩く距離を伸ばしていきました。

また、おもちゃやボールなどの存在も知らなかったので、遊びかたも知りません。犬ならボールを投げたら取りに行くと思うのですが、投げたら、私のほうをみて「何をやってるの?」という感じで見られました。お手もおすわりもしません。たぶん、なんでそんなことをしなければいけないのと思うのでしょう。でも知恵は働きます。レックスの大好物は牛の骨。裏庭でいつもあげてましたが、本犬としては家の中で食べたいのでしょう。骨をくわえてドアに立って「中にいれてくれ」と催促。私は「だめだめ。」といってその場を離れました。

再度レックスはドアに立っていましたが、骨はくわえてませんでした。でも妙に口がしっかりしまっているので、口の中をみると、小さくなった骨を口の中に隠してました。これには関心しましたが、「だめだめ」と言って家の中にはいれませんでした。また、レックスは音などにとても敏感で、蝿、雷、花火、ドラムの音などを怖がっていましたが、びっくりしたのが東北の大震災が起きた日。私は海外にレックスと住んでいましたが、その日は快晴で蝿も飛んでなかったのにレックスはそわそわして、廊下をいったりきたりしてました。私はその日テレビをいっさいみてなかったのですが、主人から「日本大きい地震があったみたいだよ。」とメッセージがきて、びっくりしました。レックスは気づいていました。なにかいつもと違うものに。レックスは永遠の私のベストフレンドです。

参考サイト:ドクターワンデルの特徴やメリット※口コミや評判はどう?

カテゴリー: 未分類 パーマリンク