天気の悪い日の私は普段の私が濃縮されている

何だか今日はイライラするなぁと思っていたら、強風が吹き始めた。気圧や気象が何か関係しているのかなぁとぼんやり思う。イライラついでに家事と、用事と、普段はあまり言わないことを家族に言うのがはかどってよかったと思う。イライラしていないと、言いたいことをいえないのもなんだかなとおもうが、嫌だなと思ってから、段階を踏んでから言うので、かなり伝わりやすくはなっていると思う。何か嫌なことを感じた、された、瞬間に言ってしまうと、言葉が足りなくて、あぁなんだ機嫌が悪いのか、と思われてしまう。なんで怒っているのか、全然わからないという顔をされる。それでは困る。イライラしている期間に、普段思っていることをつらつら言ってみたりすると、最初に嫌だなぁと思った時から、時間が経っていて、結構考えが整理されていたりするので、それなりに伝わる。まぁ、聞かされる方からしたら、より怖い言い方になっているとは思うが。天気の悪い日の私の方が、相手にとっては理解はしやすいということだ。なんだか、ずっと外国語の翻訳をしているような気分になる。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク