ジェルタイプクレンジングのメリットとデメリット

たくさんの女性がメイク落としにクレンジングをしているため、数々のメーカーがクレンジング剤を販売しています。様々なクレンジングがありますが、中でもジェルタイプのクレンジング剤は、肌にしっかりくっついてメイク汚れを取ってくれます。肌をこすらずに洗うことがてきますので、ジェルタイプのクレンジングは、お肌が刺激に弱いという人でも安心して利用できます。クレンジング剤を購入する時には、自分の肌タイプがどのカテゴリに属するのかを理解した上で商品選択をするといいでしょう。オイルが含有されているジェルクレンジングと、オイルフリーのジェルクレンジングがあります。クレンジングジェルのうち、オイルが含まれていないタイプはそう多くはありません。くっきりとメイクをする人は、オイルを含有した洗う力の高いクレンジング剤を使うことで、化粧落としがしやすくなります。洗い上げる力が高くなる反面、皮膚にかかる負担が大きくなることには、気をつける必要があります。オイルが含まれているクレンジング剤は皮膚の上でよく伸びるので、マッサージにも向いています。ノンオイルのクレンジング剤は、界面活性剤の効果でメイクの成分を浮き上がらせて洗い落とします。洗い落とす力は弱めなので、薄めのメイクをしている人向きですが、お肌への負担がそれほど大きくないことが利点です。自分の肌タイプや、日頃使っているメイクの濃さなどを考慮に入れた上で、最も相性のいいクレンジング剤を選ぶことが、よいスキンケアにつながります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク