シンデレラのガラスの靴

アニメや映画、ミュージカルなどなど、様々な形で人気を博しているシンデレラ。そもそもはこのストーリーの中に決定的な間違いがあったのです。今回はその間違いについて教えたいと思います。
シンデレラのあらすじをまずは紹介していきますね。お城の舞踏会に行けなかったシンデレラは、魔法使いに助けられて舞踏会に行きます。そして、ガラスの靴を落としました。そのガラスの靴を探して王子様が自分のことを見つけてくれたのです。そして王子様とシンデレラ結ばれたのです。
原作との相違点について紹介していきますね。シンデレラの原作は諸説ありますが、その物語は作者を変えて語り継がれ、これまで多くの著作物が発行されてきました。
そして17世紀にフランスのシャルル・ペローが書いたシンデレラから、急にガラスの靴が登場したのです。
これはあくまでもペロー自身が意図的に改変したものではなく、印刷時にフランス語でリスの毛皮を表すVairが、ガラスの靴を表す単語と似ていたのです。もしリスの毛皮のまま語り継がれていたら、あまりロマンチックなストーリーではありませんよね。ガラスの靴にして大正解ですね。まさに奇跡が生んだ大産物といえますね。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク