新築物件に格安で住む方法

安い新築物件の特徴

様々な条件が挙げられる

快適に移動できるよう、駅から近い物件を探す人が多いです。 しかし駅から近い新築物件だとかなり費用が高くなるので、予算を超えるかもしれません。 安いことを優先するなら、敢えて駅から離れている新築物件を選択しましょう。 そこは静かなので、のんびり暮らせます。

敢えて駅から離れている物件にする

新築物件でも、利便性が低くなると安くなる傾向が見られます。
例えば、駅から遠いという条件が挙げられます。
そのような場所は生活を送るのに不便ですし人気がないので、他の新築物件に比べて安いです。
また、急行が止まらない駅に近い新築物件でも良いでしょう。
駅から離れていることはデメリットに感じますが、実は静かな環境というメリットを得られます。
さらに安いので、悪いことだけではないと覚えておきましょう。
さらに、部屋の間取りにも注目してください。
マンションなら風呂やトイレが部屋になく、住民が共同で使うシステムのところは新築物件でも安いです。
また単純に部屋が狭い、押し入れがないという新築物件も安く入居できます。
昼間は働いているので家で過ごす時間が少ない、所持品や家具が少ない人はそれでも十分快適に暮らせるでしょう。
エレベーターがついていないマンションは、上の階に行けば行くほど賃料が下がる傾向が見られます。
上り下りが大変ですが、賃料を安くするために5階で暮らしましょう。
毎日階段を使って上り下りすると、足腰が丈夫になると思います。
そして、建物の素材にも注目しましょう。
一般的に建物に使われるのは、鉄筋コンクリートや木材です。
どちらかといえば木造の新築物件の方が安いので、できればそちらを選択してください。
ただ木造の物件は、防音性が低いデメリットがあります。
そのため生活音が周囲に聞こえないよう、静かに暮らす意識を持ちましょう。

間取りに問題がある物件

異常に部屋が狭かったり、部屋に風呂やトイレがついていなかったりすると、新築物件でも安くなる傾向が見られます。 特にマンションにこのような物件が多いので、探してみましょう。 実際に気になる物件を見に行き、この部屋で暮らせると思ったら借りてください。

安い素材を知ろう

5階建てで、エレベーターがない新築のマンションを選択しても良いでしょう。 すると利便性が悪くなり、代わりに賃料が安くなります。 素材に木材を使っている新築物件も、安いのでオススメです。 ただ周囲に生活音が聞こえやすいことは忘れず、注意して暮らしましょう。